FC2ブログ

ライニング

090424_2037~0001
オバンコールは木材自体が重いので、細めのライニングで少しでも軽くしようと半分の大きさにしました。軽くするのと、接着強度を考えての大きさです(何となくですけど、、、)
スポンサーサイト



良い湿度

090424_2003~0001
少し前の雨の日から一転、、、最近は湿度がイイ感じです。塗装も順調に進んでいます。

方限定規

090423_1232~0001
個人的に大変役に立っている道具、方限定規くんです。5ミリおきに線が入っていて直角などを出す、直線を出すのに大変役立ってます。

ヒールブロック

090423_0946~0001
ヒールブロックについて色々考えていました。ヒールブロックの大きさはどれぐらいがベストなのか、、、ウクレレ全体のバランスにも影響するかも。小さくすることでトップの振動する面積が増えるんじゃないか、、、とかとか

090420_1719~0001

こんな感じになっています。フレットも打って塗装に入ります。もう少しですね!!フレット処理工程が抜けました、、、

曲げ!!

090420_1608~0001
サイドの曲げも無事に終了しました。コアとオバンコールをドキドキしながら初めて曲げてみました。コアは楽々グニャーンと曲がってくれます。一枚にかける時間が5分かからなかったです。そしてくせ者だったのがオバンコール!!こいつは堅い堅い!!!苦戦しながらなんとか曲げて、両サイドがピッタリ合う様に少し加工して今回は終了です。

修正

090420_1022~0001
マンゴーは欠けやすい木材なので気をつけなければいけません、、、色々やっているうちに欠けやら隙間が出来てしまいました。
コレを修正してやらなければ、、、削り粉を詰める人もいますが、私は削り粉ではなく木片を埋め込みます。
そして↓のようになりました。木片の方が傷が分かりにくいです。

090420_1321~0001

090414_2201~0001
作業部屋がごちゃごちゃしてきたので棚を買って整理したのですが、、、部屋が狭くなってしまいました。調子こいてデカイ棚を買ったからです、、、

さてさて、、、

090415_1328~0001
今作っているのも終盤にさしかかったので、そろそろ次の準備をしています。次回のウクレレはバックのヒールからトップの落とし方に工夫する事にしました。軽く設計図を書いて木材にケガキして水につけておきます。

ネック削る

090414_2205~0001
この小刀で地味に削り続けてココまできました。フーって感じです。もう少し整えてサンディングして、、、後少し!!

指板止め

090409_1147~0002
指板の接着の時には、ズレない様にピンでとめておきます。どこにでも売っている何に使うか知らないピンです。0、8ミリの穴をフレットの溝に開けて刺しております。

エボニーー!!!1

090410_1750~0001
やっぱり堅い!!エボニーこと黒檀くん!!!!カンナの刃をギラギラに研いでおかないと刃こぼれしてしまいます、、、なんとか4ミリ弱ぐらいまで削りました。もうこいつとは戦いたくありません、、、

ダブテールビット

090410_1709~0001
オフコーポレーションのKERV製ビットです。これでダブテールジョイントの溝を彫っていきます。しかし、いきなりこのビットを使うと折れる可能性があるので始めはストレートビットでほとんど削って、サイドを少しだけこのビットで傾斜をつけるといった感じでやっています。

ベルトクランプ

090407_1737~0001
ネックの接着です。ネックはみんな色々な方法で接着していますね。私はベルトクランプで締め付けます。
あと気になる接着方法はスパニッシュ方式の製作方法です。あれはいいかも、、、、

バインディング溝、、、

090401_1216~0001
この四角の棒にヤスリを貼った簡単な道具です。これでバインディングの溝を整えます。紙ヤスリは3Mののり付きサンドペーパーです。この紙ヤスリは普通に使ってもロスが出ない紙ヤスリなので、少し高いですが採用しています。

フレイムニヤトー

090403_1118~0001
ニヤトーという木材です。東南アジア一帯が産地みたいです。別名;洋桜といい楽器材にも幅広く使われている材です。良い杢が出ていますね?
こんなに木材を集めて何になるつもりだ!!って感じです、、、

マニアックな機械のマニアックな刃

090405_2216~0001
090405_2217~0001
マニアックな機械なのでネットで調べてもなかなか出てこないですね。グラボグラフ社の卓上彫刻機の刃です。ドレメルなどのミニルーターの刃とは違い先が細くなっていないので折れる事がないと思います。オーダーすれば0、1ミリから刃が作れます。刃自体は少し高いですが研磨して使えます。
機械にセットすると下の写真みたいになります。

090405_2322~0001

試運転!!

090403_1232~0001
刃などがそろったので試運転です。まずは彫り込む木材を真ん中にセットします。そしてこの手書きのHawaiiを彫る事にします。本当はアクリル板などでテンプレートを作成しておけば、全く同じ物が何個でも出来上がります。それではスイッチオン!!









090403_1237~0001
こんな感じに出来ました。2分の1に仕上がります。この倍率は色々と変えれますが、たぶんこの倍率しか使わないでしょう。作業風景が抜けましたが、この文字をなぞるだけの簡単作業です。

またまたオバンコール

090401_2051~0001
今日も仕事もせずにフラフラとしてました。っとこれは!!!
お?!!オバンコールの杢です。これは珍しい!!と衝動買い。少し板目気味でしたが買いました。

彫刻機

090330_1315~0001
彫刻機を購入しました。新品で買うとウン十万としますがyahooオークションに流れていた安いのを運良くgetしました。こいつで色々な事が出来てしまいます。インレイ作業もキレイに彫刻する事も、、、
伊良湖タイドグラフ
プロフィール

o-no

Author:o-no
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
ランキング参加
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード